IoTといってもまずはパートナーが大事

さまざまな場面でIoTの仕事がこれから増えていく、活用できなければ乗り遅れるという話題であふれています。しかしながら、技術的にいえば、数年前からさまざまなモノ、商品がインターネットとつながることなど当たり前になっていたのです。

これから大事なことはこの技術を活用して何ができるのか、どのような価値を生み出すことができるのが提案していくことにあります。

ですから、いかに技術力が高い企業であってもその提案力がなければ、なんの意味もなさなくなってしまいます。

ですから、技術力が高いといえどもなかなか売り上げどころか提案にもつながらないのであれば、いかにパートナーを見つけることができるかをまずは考えておくべきではないかと思います。実際にはこうした提案力はありながらも技術をもちあわせていない、または脆弱だという場合は間違いなくお互いがメリットを生み出すことができます。こうした、舵取りこそが今の経営者には求められます。