COBOLによるプログラミング

COBOLと言うとひと昔前にはよく聞きなれた言語として会社でよく使われていましたが、今このCOBOLに対して、人材不足と言う噂が流れてきています。

銀行系や会社での運用にこのCOBOLによるプログラミングをよく使い、今でもそのプログラムを生かされています。

これからIT業界で働きたいと思わる方でプログラミングをしたいけれども、どの言語の技術者になるべきかと考えるならば、COBOLはお勧めです。

COBOLの文章においても比較的わかりやすい記述をしているために初心者の方もこれは何を指しているのかイメージで掴みやすいメリットがあります。

私も後で修正をする方がわかりやすいようプログラムで使われる名前は掴みやすいようにしています。

それは働いている先での先輩方においても同じことが言えて、後で修正できるようにわかりやすい名前にしておかないとねと学ばされました。

COBOL技術者が少なくなったのはとても驚きですが、地味なプログラムであるために人気もなくなったのかなとも思いました。